進め
靴をちゃんと保ち、長い間美しく見えるように以下のことを推薦いたします。


* 足の問題を防ぐ
- 足のちゃんとした手入れはいくつかの足の問題を防げます。長い間の損傷は足に影響する恐れがあります。うまく切られていない 足の爪にぴったりではない靴を履かないでください。


* 損傷の予防
- 靴をよく使うつもりであれば、おそらく靴直しに行くかもしれません。靴のタップと新しい靴にラバーソール(ゴム底)を付けたら日常の使用によって起こる擦り切れを遅らせることは可能です。靴のことを車の車輪として思っていたら、車輪の輪距は次第に擦り切れるので交換する必要がります。


* 手入れ
- 最後に、我々は使用頻度に応じて靴を毎日ちゃんときれいにするようにお勧めします。その方法は靴の材料によって変わります。革向けのローションで靴の革を磨いて、柔らかい布で調整できます。スエード革をブラシングしたら最も良く見えますが特別なスエードブラシもあります。普通の歯ブラシも使用できます。ファブリックにはステインガードを散布すべきです。それに加えて、柔らかいナッパの革で作られた靴には木型や靴キーパーは良いです。これらは木製の器具で靴に入れらた靴の形を保つのに役立ちます。木型は靴の寿命を4-5年を延びさせます。